中古車を売りたい!購入したい!
個人間売買とは何か初心者に分かりやすく解説

このサイトでは、個人間売買で中古車を売りたい!購入したい!という方に参考になるような情報を紹介しています。
個人間で初めて自動車の売買を検討している方は不安も大きいでしょう。
信頼できる取引相手なのか、どのような手続きをすればいいのか、分からないことがたくさんあります。
また、万が一トラブルが発生しても自分たちで解決しなくてはならないので、事前に知識を持っておくことが重要です。
このサイトを活用して双方が満足できる売買ができるようにしましょう。

中古車を売りたい!購入したい!個人間売買とは何か初心者に分かりやすく解説

中古車の個人間売買は、友人や親族ではなく全国のどこかにいる直接関わり合いのない誰かに中古車を売る、誰かから中古車を購入することです。
利用するのはインターネットですが、顔が見えない相手との取引なので初心者にはハードルが高いのがネックでしょう。
事前に十分な知識を得てからオークションに出品するのもOKですが、より安全に売りたい、買いたいというのなら個人間売買の代行業者を利用するのもおすすめです。
代行業者では、売買成約時の手数料のみが発生する仕組みで、出品等で費用が発生することは原則ありません。
中には面倒な手続きまで行ってくれる代行業者もいるので、初心者の個人間売買には強い味方になってくれるでしょう。

中古車を個人間売買するときに必要な手続きとは何か

車を持っていればいつかは新しいものに乗り換えたいという思いも出てくるもので、そのときに今まで乗っていたマイカーを売却して新しい車を購入する資金にしたいと考えるのが一般的です。
その売却方法には中古車販売店に出す他にも個人間売買という手段もありますが、個人で売買するときには手続きのことも知っておく必要があります。
まず知らなければならないことは個人間売買の流れです。
最初に中古車の価格を設定してネットのオークションなどに出品します。
それで購入希望者が出れば条件交渉を行い売買契約を結ぶわけです。
以後は代金の受け取り、車の引渡しという手順になります。
ここで大切なことは各種手続きでしょう。
個人間売買をするときにはオークションを利用するにしても、また友人などの知り合いに車を譲る場合でも、売買契約書というものを用意しなければなりません。
そして、この売買契約書は売り手と買い手、すなわち車を売る自分とそれを買う相手の2通準備することが大切です。
売買契約書にある規則に従って売買した車の代金を受け取り車を引き渡すことになります。
売買契約書以外にも車の名義変更や任意保険の解約などの手続きがありますので、これらは実際に車を引渡してから行えばいいでしょう。

中古車の個人間売買では契約書の内容に注意しよう

中古車の個人間売買を行う際には、契約書の内容に十分に注意をすることが大切です。
買取店が買取を行う場合には、様々な契約に基づき行っていることから、安心して売却することができるものですが、個人間売買の場合には当事者同士の取り決めとなるため、その内容を証明してくれる第三者が存在しないことになります。
そのため後で金額が異なると言われたり、自動車の状態が異なると言われた場合には様々なトラブルが発生する危険があります。
特に状態が当初と違うと言う場合には、相手が契約時に納得したと言うことを証明する事は非常に難しく、様々な問題を発生させてしまうことも少なくありません。
この場合には代金を回収することができなくなってしまうことになり、場合によっては詐欺で訴えられてしまうこともあるからです。
中古車の個人間売買を行う際には、必ず契約書を取り交わしその内容をお互いに確認することが必要です。
その内容を明記することで、トラブルになった場合にその時点での話し合いを立証することができるためです。

中古車の個人間売買では見積もりはどうやってする?

中古車の個人間売買で販売をしようと検討している方は、見積もりを出すことは当然ながら必要とされます。
額面の決め方は出品者の自由になるものなので、自分なりの評価によって売価を決めることはできますが、一般市場価格よりも高額な場合は買い手が現れない可能性が高まるので注意は必要です。
現在はインターネットを使える環境にあるので、中古車販売をメインにしている専門サイトを探して、サイト内で販売する車種を絞り込みすると近いコンディションの車体の相場価格というものは簡単に理解することができます。
ところが個人間売買のメリットは安さをあげることができるので、サイト上で確認できた売価よりも引き下げて販売することで短期間で購入者が現れる可能性は高くなります。
見積もりを出す際には、販売する方にしか分からない情報が出てくる場合もあります。
例えば高額なアルミホイールを履かせている場合、ガラスコーティングを施工している場合、車内で使える電装品を充実させている場合は、アピールポイントにして市場平均価格よりも高くても売れる可能性も十分にあるので、まずはベースとなる価格帯を調べることは最初に行うべき行動です。

中古車の購入なら個人間売買を検討してみよう

愛車を売りたいと考えたとき、一番最初に思いつくのが新車を販売するディーラーで下取りをすることです。
また、乗り換えではなく完全に手放してしまうとした場合、中古自動車販売店や中古車買取専門店で査定をして、買い取ってもらうことが一般的でしょう。もしも、「愛車を高く売りたい」「この車を大事に乗ってくれる人に渡したい」と考えるなら、車の個人間売買を検討してみるのも良いでしょう。
車の個人間売買は、売る人と買う人がうまくマッチングすればお互いに満足のいく取引ができます。
中古車として専門店に買取してもらう際、その車はまたその専門店で少し利益を上乗せして、他の誰かに売られます。
そのため、買取の金額よりも売る金額の方が当然高いのです。
個人間取引であれば、売る側と買う側が「この金額で満足だ」という言い値で売り買いすることが可能なので、中古自動車専門店で売買するよりもお互いに得をする可能性があります。
車を渡す相手も見られるので、大事な車を大切に乗ってくれるか見極めることも可能です。

中古車を個人間で売買する際の注意点を知る

中古車は専門店で売買することが一般的ですが、友人や知人などと個人間で売買する人もいます。中古車を個人で売却するメリットでは、まずは相場よりも高く売れる傾向がある事消費税が発生しないことなどがあげられます。業者を通さないので中間マージンは発生せず、その分売りたい人は高く売れますし購入したい人は安く購入できます。 とはいえ、個人間では何かとトラブルも発生しやすいのでそのことも考えておきたいところです。 デメリットとしては、素人では車の状態を正確に把握することは難しくなります。それに、名義変更などの手続きも自分たちで行うので、個人情報の問題もあります。支払いも、基本的に現金一括払いになるのでまとまったお金を用意する必要もありますし、ローンを組んでの購入もできません。 そして、受け渡した後に故障があってもすぐに対応できないという問題もあります。個人の売買では契約書も交わさないことも多くなっていますので、もしものトラブルにはどのように対応するのかも考えておきたいところです。

信頼できる中古車販売店を一つでも多く見つけること

中古車販売をメインに実施しているお店は色んな地域に存在しており、簡単に見つけることができます。その中でも信頼できる販売店を見つけることができれば、安心して中古車を購入できるので大切な部分です。 残念ながら状態の悪い中古車をそのまま販売していたり、走行距離をいじってしまう販売店も存在しています。そのようなお店を選択してしまうとトラブルに巻き込まれやすくなるので、気を付けないといけません。 信頼できる中古車を販売するお店は、良い状態にキープされているケースが多く、違反行為も行っていないのが特徴です。定期的に利用している人だけではなく、初めての人も安心して利用できるので多くの売上実績を積み重ねていることがほとんどです。また優秀なスタッフが在籍している可能性が高く、気軽に質問などもできるのが強みになっています。 トラブルやアクシデントを回避して、安心して購入するためにも優秀なお店を何としても見つけなくてはいけません。

中古車を売却するときは販売ルートもチェックしよう

愛車もいつかは手放す日がやってきますが、同じ手放すのであればできるだけ良い価格で売却できるほうが良いといえます。新車に買い替える場合は下取りを選ぶこともできますが、より高値を希望するなら中古車買取専門店を利用することもおすすめです。 中古車買取専門店も多く存在しますが、業者ごとに査定は変わってきます。まだ比較的新しく状態の良い車、走行距離が短い車は良い価格が期待できます。 逆に走行距離が長いものや、年式が古い車や傷みが目立つ場合は査定は大きく下がることになります。とはいえ、国内ではほとんど価値がないと考えられる車でも海外ではまだまだ活躍しているケースも多いものです。海外にも販路を持っている業者なら、古い車や状態の良くない車も意外と良い価格になる可能性があります。それぞれの業者がどのような販売ルートを持っているのかもしっかり調べておきましょう。複数社での査定を希望するときは、一括査定なども活用してみることがおすすめです。

中古車の売却手続きの主な流れを知っておこう

中古車の売却手続きの流れのファーストステップに挙げられるのが、買取店選びです。近所の買取専門店を頼るのも良いですが、出来れば口コミを調べたり複数の企業に見積もりを依頼して選別するとなお良いです。 売却するための店舗が決まったら、中古車の査定へと移行します。査定は自ら店舗に乗り入れる持ち込み査定と、自宅に担当者に来てもらって行う出張査定があります。 無事に完了して見積もりを出してもらったら、次は売却手続きです。担当者が手続きに必要な書類を連絡してくれるので、それに従って書類を準備しましょう。車検証や自賠責保険証明書、納税証明書や実印をはじめとした書類を用意します。担当者が用意してくれた委任状に記入して渡せば、名義変更手続きは買取店が代行してくれます。 書類を揃えて手続きが完了したら、車両の引き渡しです。車内の忘れ物や、カーナビに登録された個人情報の消し漏れに注意してください。引き渡しが問題なく終了したら、指定の口座に売上分の入金がなされて売却の手続きは完了です。

中古車のデメリットで故障確率が残念ながら高い

新車と比べて安い価格で販売されている中古車は、経済的な負担を少しでも抑えることができます。そんな中古車なのですが新車よりも故障確率が高く、状態によってはすぐに壊れてしまうのがデメリットです。せっかく中古車を購入したにも関わらず、すぐにトラブルが起きた時は修理をしなくてはいけません。それによって支払わなくてはいけないお金が発生してしまい、経済的な負担が起こってしまうので気を付けないといけないです。 こんな状況を回避するため、できる限り状態の良い中古車を選択することが重要なポイントです。特に新古車と呼ばれる車は、かなり状態が良くて部品やパーツの劣化が最小限に抑えられています。このような車を選択することで、デメリットを排除でき、安心して運転できるようになるので大切な部分です。 かなり状態の悪い車もそのまま販売されているため、求めている人はアクシデントが発生しにくいのか購入する前に見極めなくてはいけません。